夏に向けて

しかし、実際には筋力トレーニングだけでは二の腕のダイエットは難しいというのが現状です。 二の腕のダイエットの効果を出すには、筋力トレーニングという無酸素運動の他に、有酸素運動も一緒に取り入れることが大切です。 有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳など、多くの種類がありますが、それらの運動をただ行うだけではいけません。 どの運動も最低でも20分以上行うことで効果があります。 20分から脂肪が燃焼されると言われていますので、そこからどれだけ運動するかが大切になってきます。

二の腕ダイエットをするための筋力トレーニングは、ダンベルを使うなどの方法がありますが、ダンベルを持っていないという人でも、わざわざダンベルを購入しなくても工夫次第でなんとかなります。 例えば、ペットボトルに水や砂などを入れれば、それで筋力トレーニングをするという方法があります。 500ミリリットルのペットボトルであれば、片手で持ちやすいので便利ですし、簡単に行うことができます。 他には腕立て伏せもお金をかけずにできます。 腕立て伏せを行う際には、腕がしっかり伸びきるまで行うことが大切です。 腕が伸びきることで、二の腕のたるみやすい部分のトレーニングになります。 ウォーキングの時間がないという人は、少し遠回りをして目的地まで行くなどの工夫をしてみましょう。 続けていれば必ず効果が出てきます。